>

見えないように工夫する

カバーをつけておこう

鼻をかむ時や、何かをこぼした時に拭くためにティッシュペーパーは日常生活に欠かせない存在です。
ですから部屋にも1箱は置いているでしょう。
しかしティッシュの箱が見えていると、生活感が出るのでオシャレな空間にはなりにくいです。
できるだけ隠してください。
しかし使いにくいところに隠したり、すぐ取り出せないところに置くことはおすすめできません。

そこで、カバーをつけるのが効果的です。
カバーがお店で売られていますし、布があれば自分で作ることができます。
カーテンや絨毯などの色にあわせて、ティッシュカバーを作ると生活感を隠せます。
簡単に作れるので手芸が苦手な人や、あまりやったことがない初心者でもうまく作れるでしょう。

リモコンを置く箱を用意

テレビのリモコンは、テーブルに置きっぱなしにしないでください。
使ったらしまうことで、生活感を隠せます。
リモコンも生活感が出やすいものなので、注意してください。
テーブルやテレビの脇に、箱を置くのが良い方法です。
そこにしまうと、使いたい時にすぐ取り出せるので便利でしょう。

また綿棒や爪切り、スマートフォンの充電器など日常的に使う細かいものも一緒にしまうことをおすすめします。
すると、小物をなくすという事態も回避できます。
インテリア代わりになる、かわいらしい箱を置くと良いですね。
木でできた箱や、布製のものなど素材にこだわっても良いと思います。
大きすぎる箱は邪魔になるので、サイズもしっかり計測してください。


この記事をシェアする